お願い


休日におけるPCR検査等の連絡方法について

 

4月30日にお便りでお伝えしましたが、再度ご連絡いたしたします。

 

休日にPCR検査を受検したり、濃厚接触者に特定された場合は、下記のようにご連絡いただきますようお願い致します。

 

1 休日中に連絡を必要とする対象

  ①生徒本人がPCR検査を受検する時

  ②生徒本人が濃厚接触者に特定された時

 

2 連絡先

  柏第四中学校の学校代表アドレス

   dai4-j@kashiwa.ed.jp

 

3 メールへの記載内容

  ①学年・クラス

  ②生徒氏名

  ③保護者氏名

  ④「本人がPCR検査を受検する(した)」のか、「本人が濃厚接触者に特定された」のか

  ⑤症状の有無

  ⑥発症日(⑤で有りと回答した場合のみ)

  ⑦PCR検査受検医療機関名

  ⑧PCR検査受検日(予定日)

  ⑨PCR検査の結果が分かる日(分かった日)

 

4 その他

  ・上記1以外(保護者や家族がPCR検査を受検した等)については、休日に連絡をいただく必要はございませんが、休日が明けた通常の登校日には、学校へご連絡くださりますよう、お願い致します。

  ・平日の連絡につきましては、今まで通り、電話等によりお願い致します。(7時30分~17時30分頃)

 
四中日記 令和3年度 >> 記事詳細

2021/05/06

地域の皆さんに感謝しています

| by 柏第四中学校管理者

5月5日GW最終日、永楽台近隣センターで「柏第四地区(柏八小、名戸ヶ谷小、柏四中区)青少協(青少年健全育成推進協議会)」総会が行われました。

青少協というと子どもたちにとっては、少し堅苦しいイメージがありますが、「三世代ふれあい運動会」「音楽の集い」「リーダーキャンプ」を主催してくださっている協議会と聞けば、身近なものだと思い出していただけるのではないかと思います。

 その総会において、3校(八小、名戸小、四中)を代表して挨拶させていただいた際、「3つの教育力」の話をさせていただきました。

1つめが、家庭の教育力。子どもに善悪の判断や挨拶等の基本的な事を教えます。親が子どもに十分な愛情を注いでくださることで子どもたちは安心感を得ることができます。

2つめが、学校の教育力。国語や数学だけでなく、集団の中での立ち位置やルール等を学んでいきます。部活動等を通して、充実感等も学ぶことができます。

そして、3つめが、地域の教育力です。先に述べた行事では、異年齢集団や地域の大人達とのふれあいを通じて子どもたちは成長していきます。近所の方々に挨拶をしてもらったり、言葉を交わしたりすることで、地域の一員としての自覚を持つようになります。また地域の皆さんに見守られていることで安心感を抱くようになります。

今、地域の教育力が弱まっていると耳にすることがありますが、この柏第四地区は異なると感じています。総会にはGW中にも関わらず、多くの方々が参加されていました。時間こそ短時間でしたが、上述のすばらしい行事に加え、防犯パトロールの活動計画等も提案されました。青少協の木村会長はじめ、皆さんが子どもたちをしっかりと見守ってくださっていることを感じることができました。本年度もコロナ禍でどこまで行事を実施できるかわかりませんが、地域の方々が子どもたちを思う気持ちに変わりはないと思います。このような地域に来られたことを、大変ありがたく、嬉しく、そして心強く感じた1日でした。 

(文責 飯田)


18:28 | 投票する | 投票数(10)
掲載されている記事・情報・写真・図表などは無断転載を禁止します。
著作権は柏市立柏第四中学校に属します。
Copyright(C)2008 Kashiwa 4th Junior.High School.All Rights reserved